Works

自社事業

雑誌『ケトル』

kettle_main

最高の無駄が詰まったワンテーママガジン『ケトル』。創刊以来、博報堂ケトルが編集し、太田出版より隔月で​発刊を続けており、毎号40ページの特集、そして50ページを超える第一線の執筆陣による映画、本、音楽、アートなどのレビューコンテンツを掲載。2011年4月から、偶数月15日刊行。